ビルマネジメント事業

統括管理

施設の品質は、施設を利用しているときの「快適さ・心地よさ・使いやすさ」の印象で決まります。
「快適な生活環境の提供」「安全安心管理の徹底」「高い管理品質の維持」を基本コンセプトに施設を効果的に運用し、継続して適切な状態に保持することによって、利用者の満足を高めます。
さらに施設の省エネや環境負荷の軽減、資産価値の維持向上を図る予防保全に努め、ライフサイクルコストの最適化にもつなげます。

清掃

建物を利用される方々に、清潔で心地よい環境を提供するために、高い技術で環境に配慮した日常清掃・定期清掃・特別清掃を実施し建物の美観の維持・向上に努めます。
また建築物清掃管理評価資格制度を活用した評価手法を取り入れ常に高い品質を確保します。

設備管理

専門的な資格・知識を有した技術力の高いエンジニアが建物に付随する電気・空調・給排水設備等の運転監視や点検保守・整備を適切に行い、設備トラブルを未然に防止します。

エネルギー管理

電気・ガス・油・水などのエネルギー使用状態を監視し建物の環境やエネルギー消費を最適化します。

緊急時バックアップ体制の整備

緊急事態が発生した場合、365日24時間、エンジニアが施設へ急行し、迅速に対応します。

保安警備

警備業法に基づき、防犯・防災や入退館、駐車場の管理に至るまで充分な訓練を受けたセキュリティスタッフが、施設を訪れる人々の生命とビル環境の安全を守ります。
また、機械警備と連携させ、貯水槽の満減水などの設備を遠隔監視・制御し、お客様のニーズに即したセキュリティ体制を構築します。